スマホ中国語

ウォーキングマシンの上で歩きながら…

 

(一)

指先で窓ガラスの曇りを拭うと、白い「レースのカーテン」が現れた。「わあー、珍しい!牡丹雪だ」その向こうには白銀の世界が広がっている。風に揺らめく雪の舞いをうっとりと眺めながら、「寒そう!」今日はジムへ行くのはやめようと思い、再び布団に戻ろうとしたところ、ふと、斜め向かいのビルの屋上に二つの人影が目に映った。補修工事の作業員である。土曜日の朝早くから、風雪の中で働いているその男たちの姿は、まるで骨太の墨絵のように見える。思わず小さなガッツポーズをして、ベッドから跳ね降りた。

(二)

トレーニングルームに入ると、南国の微風に迎えられたような感じがした。鈍いシルバー色の運動器具、それを動かす金属同士の摩擦の音…どれもこれも無機質なものではあるが、なぜかここに入るたびに、仕事の疲れなどいっぺんにどこかへ吹き飛ばされてしまう。

ここには鮮やかな色もある。赤、黄、青三色のトレーニングマットだ。一枚約2メートル四方のものが9枚組み合わされており、遠くから見るとルービックキューブを連想させられる。その上に座ると、まるで境界線がガラスで仕切られているように、みんな隣同士のことを気にせずに、思い思いに自分の体を動かすことができる。

普段の生活の中で、時間と空間の軸で計れば、自分と出会うはずのない人が今、そばに臥して脚を持ち上げたり、屈伸運動をしたりしている。「男女7歳不同席」という儒教の教育を受けていた祖母が、もしこの光景を見たら、目を覆いたくなるに違いない。

(三)

祖母は80年代に亡くなるまで、ずっと纏足をしていた。1911~12年の辛亥革命によって、纏足の習慣は廃止された。しかし、広大なる中国では浸透するのに年月がかかったのだ。幼時から小学生くらいまで纏足をしてしまうと、足の骨が変形し、布帛を解いても普通には歩けないため、やむを得ず続ける人が後を絶えなかった。

纏足をした女性の頼りなげに、男性は労わってあげたいという気持ちが湧いてくると言われる。良縁を望む子女にとって、纏足は絶対に必要な条件だった。

漢民族の慣わしとして約千年も続いてきたのに、廃止になったのが、私の生まれるほんの半世紀前のことだと思いと、ギリギリセーフのような感じがする。

ところで、日本語には「いい汗」という表現があるが、中国語にはない。反対に「臭汗」という言葉はある。昔、良家の女性の嗜みといえば「琴、棋(囲碁・将棋)、書・画」が挙げられる。また、それらは君子の教養を量る尺度でもあった。一方、肉体労働や用心棒に雇われる人のことを、「四肢発達、頭脳簡単」と見なしていた。

スポーツウェアにスニーカーで、ウォーキングマシンの上で見知らぬ男性と肩を並べ、汗を拭き拭き闊歩する私の姿。もしも祖先が目にしたら、さぞかし呆れることだろう。いや、かえって、自由を羨ましく思う人もいるかもしれない。

  山本袁葉

編集者  丁 雷