スマホ中国語

パンダの国から「大キリン」

(二)

この番組を見終わって、中国の友人からの話を思い出した。

大震災直後の数日間、中国では多くのテレビ局が特別編成で報道し、さらに国際放送は連日、NHKのニュース番組に字幕を付けて報じていた。日本のアナウンサーが、淡々と事実を述べようとする姿に新鮮な感じを受けたという。なぜなら、08年の四川大地震の時、最初の二日間はテレビを見るたびに、現地で惨状を伝える報道陣のコメトで涙を流さずにいられなかった。両国の報道の仕方は、かなり違うという友人の感想。

さっきの番組で、叙情的に流れるスライドショーから、「静」の中に秘めた情熱が感じられた。もちろん、それは自国で起きた惨禍ではないという余裕によるものかも知れないが、事実を述べた後のコメントも、それに応じえる聴衆の反応も、やはり情熱的でストレートである。

それにしても、最近得た情報どおり、今の日本人に対する中国の報道は以前とは異なると、肌で感じさせられた。

(三)

もともとこの春休みには、元の勤務先・中国マスコミ大学で、『私が見た日本』と題した特別講義をする予定になっていた。

「3・11」後、たくさんの外国人が日本を去っていった。中国政府も連日帰国希望者にチャーター便の提供をしているというニュースを聞いて、こんな時期に中国の大学生はまだ私の話に興味を持つかしらと、ますます憂うつな気持ちになっていた。

ちょうどその頃、香港の親戚から安否を尋ねるメールが届いた。大震災と大津波、さらに原発事故に襲われたにもかかわらず、日本人が冷静さ、秩序正しさを保っていることを、中国や香港のマスコミやネット上では、連日絶賛している由。

長い梅雨の合間に、暗い雲から陽射しが見えたような心境だ。ようやくネットを開いてみようという気になった。

『環球時報』という新聞は3月16日、中国の百人の学者たち(中には尖閣諸島問題などで日本に厳しい意見を述べた人たちもいた)による「日本に温かい支援の手を差し伸べよう」と題する声明を発表していた。

『環球時報』のホームページは、民族主義的論調で知られるが、そのコメント欄でさえ「東日本大震災」を気遣う書き込みがほとんどだった。

「被災地の日本人民のために、祈っています」「日本は頑張るはずだ。日本人はこんなことで泣かない」「四川大地震の際に、日本は救援の手を差し伸べてくれた。災害に際しては(日本を嫌う)民族的感情を抱くべきではない」「困難な時に発揮された、日本人のマナーの良さを見習わなければならない」などなど。

(四)

孔子曰く「衣食足、知栄辱(衣食足りて礼節を知る)」なぜ日本人は、衣食が足りない状況下でも礼節を守れるのか?日本人の資質について、長年の滞在を振り返りながら、教育力、神道、儒教の影響や「恥の文化」、単一民族と共同の構造などの角度から考えて、自分なりの答えを出してみた。

マスコミ大学の先生にこの話をしたら、演題『大震災を通して見る日本人の国民性』に変えてはどうかということになった。

当日、100分間の講義の最後に、学生たちにこんな質問をした。

「世界最大級のオンラン旅行会社のエクスペディアは、09年世界のホテルマネジャーに対して、各国観光客の評判を調査した。マナーに関する各項目において、3年連続で最良の観光客に選んばれた国はどこでしょうか?」すると、全員が口々に「日本」だと答えた。

それを聞いて、飛行機でもらった3月19日付けの『労働者日報』の記事が脳裡をよぎった。

「大震災に見舞われながらも、日本人の冷静さ、秩序の良さは、大震災そのものより、ある意味では、我々をもっと震撼させてくれた。」「大震災時に表れたその良好な資質は、何よりの国家宣伝となっている。」

もし震災前だったら、学生たちからすんなりと「日本」だという答えが出てきただろうか…。

(五)

数日後、家のメールボックスに「家園NEWS」という新聞が入っていた。北京市東城区東直門の町内新聞だ。えーっ、町内新聞ができた。ページ数こそ少ないが、普通の新聞と変わらないほどの作りだ。発行部数は一万五千部。

広げてみると、「居民の祈願」という東日本大震災に関する町民の投書コーナーがある。そのほとんどは、日本が今日の苦境から一日も早く抜け出すために、我々はできるだけの援助をしなければならないと書かれている。

「日本大震有感」と題した詩も掲載されている。

驚天悪浪瞬間来、福島地動万民哀、五十勇士錚錚骨(気骨がある)、視死如帰佑天台(死をも恐れず、世界を護る)。

(六)

中国のネットによれば、義援金の寄付者の中には、出稼ぎ労働者もいればお年玉を全部出した小学生もいる。中国映画『唐山大地震』が、日本で被災者への配慮のため、一時上映中止となっているが、その馮小剛(フォン・シャオガン)監督は、50万元(600万円)を寄付した。また、四川省は官民とも援助の動きが迅速だったという。

中国政府はガソリン1万トン、ディーゼル油1万トンの無償援助を追加した。「日本人民と世々代々の友好関係を築こう」というフレーズが新聞に久々に登場。やや疎遠になった中日関係だが、大震災を機に隔たりを縮めたことが、二週間の北京滞在中の、家族や親戚、友人などの言葉からも感じられた。

現地に入った中国の救援隊員が食料品を購入しようとした時、「はるばる協力に来てくださったんだから…」と、被災者は代金を受け取らなかったなどのエピソードを通して、「とにかく、これまでの日本人民への偏見が、尊敬の念へと変わってきた」と述べた中国マスコミ省に勤務する友人の話が、とても印象に残った。

日本に帰ってから、テレビで見たある映像。青空を背景に、赤い生コン圧送機が福島原発の4号炉に注水作業をしている。62メートルもの高さがあり、修復作業の現場では「大キリン」とか「無名の巨人」と呼ばれているそうだ。中国の無償援助によるものだ。北京で見たニュース~上海港でこの「大キリン」が船に搭載される際の、作業員たちの緊張感に満ちた仕事ぶりと真剣な眼差しが、目に浮かんできた。

今日4月24日(日)は、公民館で中国語教師と学習者による「手づくり餃子販売」、駅の地下広場で広島県華僑華人総会による胡弓の演奏や中国舞踊、水墨画の実演販売など、大震災復興支援のチャリティーイベントが行われており、私もこの文章を早く仕上げて駆けつけよう。

 

  山本袁葉

編集者  丁 雷